So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

CD/DVD教材を使う [英語学習法]

今では当たり前のようにCD-ROMが本に付いています。DVDが付いているものもあります。


目的は、もちろん音声です。


文字だけでは実際の音がつかめない場合があります。また、各単語の発音だけでなく文のリズムも重要です。


もちろん音声ならばラジオなどがあります。わざわざCDを利用する理由は、慣れるためでなく、モノにするためです。ハッキリと聞き取れるまで繰り返すためです。いわばお手本のようなものです。


初めから正確に聞き取れるわけでもなければ、うまく発音できるわけでもないでしょう。

聞き取りも初期は耳だけよりも補助として文字情報があった方が助かります。何を言っているのかが分かっても次は発音の問題があります。発音は筋肉を動かすことです。その言語に慣れていないと分かっていても口が動きません。最初の内は発生しなくても口だけ動かすということで良いでしょう。丁度赤ちゃんが言葉を発声するのに似ています。ここは無理せず先ずは口を動かすことから始めましょう。音を出さなくても構いません。


CD-ROMが付いている教材は様々な工夫がされています。単にネイティブの発音パートがあるものから、ノーマルスピードと丁寧ゆっくりに発音するスピードがあったり、同じ意味を表すのに日英交互に発音されたりします。

DVD教材の場合は、発音の波形が出るものまであります。


CD-ROM/DVD教材の利用について、ネイティブの音声シャワーを浴びるとは別ということで紹介しました。
nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

ランゲージ・エクスチェンジ [英語学習法]


ランゲージ・エクスチェンジを直訳すると言語交換です。
お互いの言語を交換します。


つまり、自分の得意な言語と相手の得意な言語が交換されます。
お互いに大体は母国語になると思いますが、それが交換されます。


この交換とは、教えあうということです。また、習いあうともいえます。

自分の習いたい言語と自分が教えられる言語が、
相手の教えられる言語と相手が習いたい言語が一致することが条件です。
後は相性だとか、レベルだとか、多少のそれぞれの好みが加わってきます。


物々交換と同じように通常お金のやり取りはありません。
ちょっとした異文化体験だったり、ブラッシュアップだったり、楽しみだったりが多いようです。


その他探す場合のコツや注意事項はネットで調べてみましょう。

外国に行ったり滞在してするのと同じで、
自分から動く、しかも注意しながらという感覚が少し分かります。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

語学学校に通う [英語学習法]

英語の学習となると、自習か学校に通うかになりますが、学校にも種類があります。

一般の英会話学校からTOEFLのための英語予備校まであります。
また、グループ・複数に対して教えるクラス形式だけで無く、マンツーマンの学校もあります。
更に、より専門分野に特化した英語を教えるところもあります。


学校に入るイコールお金の用意だけで終わるわけではありません。
自分が何をしたいかより明確にしたほうが良いでしょう。


自習で足りないものを補うためなのか、TOEFLなどの特定の目的があるのかによって違ってきます。
発音の矯正に絞った教室もあります。
また、英語のビジネスや専門/技術分野に絞ったものを習得したいという要望もあります。
ただしこれは個人の場合は難しいでしょう。法人でも同様です。
なぜならその分野の専門家なら英語を教えるのでなく実務に就いている可能性が高いからです。


会社で英語の学習をする時間があれば可能な限り必要と考えられるコンテンツを提供する会社を探してもらいましょう。

また個人の場合は料金は高くなりますが、自分が何について、どの部分について、どの程度必要か明確にし範囲を絞れば可能かもしれません。


目的を明確にと書きましたが、だからと言って全員が全員ビジネス目的である必要はありません。事実需要としては娯楽に近いものや同好会からあります。


何となく英語でも良いのですが英語学校/教室も自分の目的や趣向に合ったものを選びましょうということです。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の3件 | -
英語学習のアイディア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。