So-net無料ブログ作成

語学学校に通う [英語学習法]

英語の学習となると、自習か学校に通うかになりますが、学校にも種類があります。

一般の英会話学校からTOEFLのための英語予備校まであります。
また、グループ・複数に対して教えるクラス形式だけで無く、マンツーマンの学校もあります。
更に、より専門分野に特化した英語を教えるところもあります。


学校に入るイコールお金の用意だけで終わるわけではありません。
自分が何をしたいかより明確にしたほうが良いでしょう。


自習で足りないものを補うためなのか、TOEFLなどの特定の目的があるのかによって違ってきます。
発音の矯正に絞った教室もあります。
また、英語のビジネスや専門/技術分野に絞ったものを習得したいという要望もあります。
ただしこれは個人の場合は難しいでしょう。法人でも同様です。
なぜならその分野の専門家なら英語を教えるのでなく実務に就いている可能性が高いからです。


会社で英語の学習をする時間があれば可能な限り必要と考えられるコンテンツを提供する会社を探してもらいましょう。

また個人の場合は料金は高くなりますが、自分が何について、どの部分について、どの程度必要か明確にし範囲を絞れば可能かもしれません。


目的を明確にと書きましたが、だからと言って全員が全員ビジネス目的である必要はありません。事実需要としては娯楽に近いものや同好会からあります。


何となく英語でも良いのですが英語学校/教室も自分の目的や趣向に合ったものを選びましょうということです。

nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

英語学習のアイディア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。